本文へスキップ



HOME お勧め 原理 製品情報 応用例 会社概要 お問い合わせ

     

在車管理   個別に管理するコインパークなどで 

 対応機種:  PSS−100  PS−105  PS−205  PS−103  PS−202
 フラップ板などで車両をロックする駐車場では、駐車場センサーで車両を検知し、その信号を元にフラップ板を上下させ、課金を行います。正確に精算・課金・回収を行うには,品質のよい確実な駐車場センサーが欠かせません。空き缶などの小さい金属体は検知せず、誤動作を防ぎ、もっとも確実に検知するループコイル式車両検知器のPSシリーズです。
車両がかぶる位置に電線を埋設するとループコイルになります。車両センサーの本体はフラップ板などのロック機構や制御盤などに収納して使用します。センサー本体は地表に出ないためスムーズに確実に検知することが出来ます。
2チャンネルタイプを使用すると検知した車両の取得感度を数字で表示するので、設置やメンテナンスにとても有効です。

また、新型のPSS−100は通信対応となっております。精算機との通信に適しています。
簡易埋設型で、1巻で検知する経費節減タイプをお勧めします。
      
 
  応用例へ戻る

ホーム